注目を集めているほくろ治療【少しチクっとするだけ】

コンプレックスを改善

診察

手軽に綺麗になります

体のあちこちに出来るほくろは美容整形外科で治療できます。生活に支障がないものであれば美容目的となり、費用は自己負担となります。医師の判断により保険の対象になれば少額の負担となります。美容整形外科は全国にあるのでどこに頼めばいいかわからないかもしれません。1つにつき5000円以下で取れる病院もあれば1万円を超える病院もあります。値段はなるべく安くしたいところですが、確実に成功させるためにもサービスの質も考慮しましょう。まずほくろの色や形などを詳細に診てもらった後は、除去するかどうか相談します。その際に、大きな理由もないのに今日中に取ったほうがいいと勧誘してくる病院は避けましょう。特に初めての人にとっては、再発の有無・痛みは伴うのかなど何らかの不安な点をもっています。患者の気持ちに配慮せずに勧めてくる病院で治療を受ける必要はありません。細かいことまできちんと受け答えしてくれる病院を選ぶことをおすすめします。ほくろは除去はする時に小さな細胞が残っていると再発する可能性があります。再発しないためには細胞を全て切り取ればいいですが、深く切り取すぎると陥没するリスクがあるのです。ほくろを除去するときは再発する可能性はあるかどうか聞いてみましょう。サイズが小さかったとしても再発の可能性が全くないとは言い切れません。それにもかかわらず「再発は絶対ない」と答えられたらなぜそうなるのか聞いてください。もし細胞を全てレーザーで取るようでしたら他の病院に変えた方が良いでしょう。患者の今後を一切考えずに治療する可能性があるからです。現在、ほくろの治療方法は縫い合わせやレーザーなど様々にあります。昔から用いられる方法がくり抜きとメスを使った治療です。くり抜きは医療用の道具を使って円形にくり抜き、皮膚を縫い合わせます。こちらは大きさが5〜6mm以内のほくろに行います。メスを使った方法は切除縫合法と呼ばれ、縫い合わせて抜糸を行います。経験豊富な医師だと皮膚のしわに沿って綺麗な仕上がりにしてくれます。現在、一般的となる方法がレーザーを用いた治療です。炭酸ガスレーザーは皮膚内の水分に反応して組織を蒸発させます。他にもメラニン色素だけに反応するスイッチレーザーもあります。メラニン色素を破壊してどんどん色を薄くして除去します。レーザー治療の場合、1週間〜10日で皮膚が再生して跡が残らずきれいになります。小さいものから盛り上がったものまで対応しており、一度でほとんどの組織を除去できるのがメリットです。1回の施術はわずか数分で完了し、当日から体を洗うことが可能です。痛みに関してですが、少しチクっとするだけでないのでそれほど心配する必要はありません。不安な人は局部麻酔も使えるので安心です。痛みも少なくリスクも低いので多くの人がレーザー治療を行っています施術後はクリームを塗り目立たないテープを貼ってもらいます。医師の指導のもと、1〜2週間に決まった時に塗りなおして自分でテープを貼ります。アフターケアをきちんと行えば、スムーズに肌がきれいになります。医師から注意点を聞き、それを守ればかねがね問題ないでしょう。

女医

美容医療で確実除去

美容外科のほくろ除去治療は人気となっており、電気メスや炭酸ガスレーザーを使用する場合でも、切開で除去する場合でも安心して受けられます。予約は電話のほか、ホームページ上から入れることもできるので、都合に合わせて申し込むと良いでしょう。

顔に触れる女性

体のコンプレックスの解消

ほくろは、美容整形外科での治療で除去することが可能です。レーザー治療やメスで直接切る手術など様々な方法があり、ほくろの形状によって最適な治療法は異なります。またほくろではなくがんである可能性もあるので、検査はしっかり受けることが大切です。

看護師

美容整形で除去

美容整形外科でほくろ治療を受ける大きな理由は、他の病院に比べても審美面を重視した治療が受けられる事が大きく関係しています。施術の際は病院の指示を必ず守る様にし、病院を選ぶ際には比較検討した上でどこに治療を依頼するか決めるようにします。

Copyright© 2018 注目を集めているほくろ治療【少しチクっとするだけ】 All Rights Reserved.