注目を集めているほくろ治療【少しチクっとするだけ】

体のコンプレックスの解消

顔に触れる女性

様々な手術方法

ほくろは、通常は誰にでもある気にならない存在ですが、出来てしまった場所や大きさ、数などによっては大きなコンプレックスとなってしまうことがあるのです。例えば、鼻の下や目の上など、顔の目立つところにいぼのように出来てしまったものは、特に女性にとっては苦痛な存在となってしまいます。そのような場合は、美容整形外科クリニックにて除去手術を行うことをおすすめします。除去手術には様々な方法がありますが、良く適用されているのが、レーザー治療という方法です。レーザー治療は、消したいほくろのある部分に、特殊な光を放つレーザーを照射して行います。そうすることで、ほくろを作り出しているメラニン色素を焼き、色素を消して綺麗に除去することが出来るのです。一時的に皮膚が削られたような状態になりますが、徐々に皮膚が再生していき、最終的には見た目では分からないくらい綺麗に除去することが可能になります。レーザーを使った治療はとても簡単で、痛みもなく、費用も安く、術後はすぐに帰宅することが出来るのでとても人気の方法です。ただし、ほくろの色素が薄く、盛り上がりが少ない場合などに最適ですので、逆に色が濃く、盛り上がっているタイプには別の方法が最適です。そのような場合には、電気メスを使った治療がおすすめです。この方法では、麻酔をかけて電気メスを使い、患部を直接取り除いてしまいます。そうすることで再発の心配もなくなり、一度の治療で確実に除去することが可能となります。このように、ほくろの形状によって最適な手術方法は異なるということを覚えておくと良いでしょう。また、場合によってほくろ除去の治療を保険適用で行える場合がありますので、覚えておくと良いでしょう。そのような条件は、除去手術が美容目的ではなく、医療目的で行われる場合です。具体的に説明すると、メラノーマと呼ばれる腫瘍であった場合、ほくろ除去治療は保険適用になります。メラノーマは皮膚がんの一種で、放置すると全身に転移してしまうこともある恐ろしいものです。医師がメラノーマなどの皮膚がんであると判断した場合には、命を守るための医療目的での手術になるので、保険適用で治療を受けることが可能です。しかしこのようなケースはまれであり、ほとんどはただのほくろです。実際に手術を行う前には、必ず形や場所、盛り上がりや色などをチェックして判断されますので、しっかり検査を受けましょう。美容目的で切除する場合には、やはり美容整形外科がおすすめです。傷跡を残さない、術後により綺麗に見えるための治療方法を提案してくれますので、まずは美容整形外科へ行きましょう。またほくろ除去の治療を行っている美容整形外科はたくさんありますので、ホームページや口コミなどを見ながら比較し、自分に合ったところを探すことが大切です。手術方法はレーザーなど良く行われる共通のものもあれば、その美容整形外科独自で行っているものもあります。医療器具の種類や手術の方法、実際の症例の写真や利用者の体験談の口コミなどを参考にすると良いでしょう。コンプレックスとなっているほくろは、除去してしまうことが一番です。自分に合う病院を見つけ、早めにコンプレックスを除去しましょう。

Copyright© 2018 注目を集めているほくろ治療【少しチクっとするだけ】 All Rights Reserved.